日本産婦人科学会生殖補助医療実施登録機関・特定不妊治療助成事業指定医療機関

日本橋ウィメンズクリニック 婦人科・不妊治療

ネット受付サイトマップ

体外受精(IVF)について

体外受精―胚移植(IVF-ET)とは

一般不妊治療や人工授精を試みても妊娠出産に至らなかった場合に行う治療で、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法です。
体外受精―胚移植には排卵誘発採卵媒精培養胚(胚盤胞)移植の段階があります。
排卵誘発:完全な自然周期で行う場合と、ホルモン刺激を行う場合があります。
採卵:経膣超音波を見ながら卵胞へ針を穿刺し、卵胞より成熟した卵子を回収します。基本的には局所麻酔にて行いますが、ご希望の方には静脈麻酔下にて行います。
媒精:受精させる操作です。媒精の方法には、卵子の周りに精子をふりかける体外受精と呼ばれる方法と、顕微鏡下で1つの卵子に1つの精子を注入する顕微授精と呼ばれる方法があります。
培養:卵子・胚に適した状態の培養器の中で、卵子・胚を培養します。2~3日目には分割胚となり、5~6日目には胚盤胞と呼ばれる状態に成長します。
胚(胚盤胞)移植:細いチューブの中に胚(胚盤胞)を吸い込み、経膣超音波を見ながら子宮の中へ戻します。
※治療の詳細につきましては、体外受精―胚移植の周期に入る前に、医師よりご説明いたします。また、周期の途中でも、ご不明な点等ございましたらスタッフへお声がけください。


当院の特徴・方針

なるべく自然に近い方法で、
患者様の心身への負担が少ない妊娠出産を目指しております。
また、患者様のご希望になるべく沿った治療を行います。


料金について

基本料金

   
項目 料金(円)
  採卵
45,000
  培養(採卵から初期胚まで)
30,000
  胚移植
50,000
  培養(初期胚から胚盤胞まで)
30,000
  胚盤胞移植
50,000
  融解
30,000
  妊娠成立し産科へご紹介のとき
300,000
特殊料金

   
項目 料金(円)
  顕微授精
30,000
  アシストハッチング
20,000
  胚(胚盤胞)凍結(凍結管理料/1年間を含む)
30,000
  凍結管理料/1年間
20,000

胚移送に関しまして

凍結胚の所有権は施設ではなく患者様にありますので、自由にご希望の施設に移送することができます。
当院への移送もしくは当院からの移送を希望される場合、お相手の施設に患者様ご自身で相談の上、許可をお取り頂き、
当院へはお電話(03-5201-1555)もしくは、お問合せメールフォームよりご連絡下さい。

お問合せ インターネット予約はこちら

PAGE TOP